断捨離

「溜め込み体質」を改善するには断捨離を習慣化すること

物が捨てられなくて、部屋の荷物を溜め込み気味。

やることが多すぎて仕事が溜まり気味。

なんとなく便秘気味。

日頃忙しくて、疲れが溜まり気味。

 

これらは全く別の案件のような感じがしますが、実は【溜め込み体質】という共通点があります。

「体質」とは”からだの性質。遺伝的素因と環境要因との相互作用によって形成される、個々人の総合的な性質。(goo辞書)”なので、簡単には変えられません。

 

しかし「体質改善」と言う言葉がある通り、少しずつ良くすることができます。

「溜め込み体質」を改善するには、断捨離を習慣化することが一番の地下道なんですよ。

断捨離とは

「断捨離」とは、やましたひでこさんが2009年に出版した『新・片付け術 断捨離』(マガジンハウス)のヒットにより、一般に知られるようになった考え方です。

ウィキペディアによると、

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

  • 断:入ってくるいらない物を断つ。
  • 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
  • 離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは異なるものとされている。

とあります。

 

「溜め込み体質」の「溜める」には、「時間をかけて、あるものを集める。対応すべきものを滞らせて、増やす 」という意味があり、「溜め込む]とは、「溜めて、大量に所有していること」、言葉を変えると「物に執着している」ということです。

「もったいない」と物を大切にするのは良いことですが、時間をかけて量が増えていくうちに無意識に執着心が湧き、それが自分には不要なものであったとしても捨てられなくなるのです。部屋の荷物が溜まり、やるべきことがどんどん増え、お腹が求めていなくても食べ過ぎて消化不良気味になり、疲れも溜ってしまうのです。

断捨離で「自分には不要なものを手放す」ことができるようになれば、部屋はスッキリ整頓され、やるべきことも必要最小限に、食べ過ぎることもなくなり見た目もスッキリ、疲れも溜りにくくなるという訳です。

 

さらに断捨離を習慣化すれば、余分な出費が減るので、節約ができお金にゆとりが生まれ、やるべきことがシンプルになるので時間にゆとりも生まれます。

 

まずはテーブルの上から断捨離

物が溜まりやすい場所で、一番断捨離しやすいのはテーブルです。

テーブルの上は片付ける範囲が狭く限定されているので片付けやすいですが、部屋で占める割合が比較的大きいので、テーブルが綺麗なだけでも部屋全体が少し綺麗に見えるので、気持ち良く過ごせます。

テーブルが綺麗であれば、自宅でゆったりとした気持ちで食事をとることができ、リラックスもできます。

 

しかし、忙しいと、新聞や郵便物を気軽にポンっと置きがちで、気がつくとテーブルの上は荷物の山になりやすいのです。

テーブルの上が片付いていないと、大事な郵便物が行方不明になったり、必要な時に必要なものが見つからないという不便がありますし、食事をとる場所がないという場合も…。

そのせいで「荷物を探す」「片付ける」という余計な仕事が生じて忙しくなり、ゆっくり食事をとれないことでお腹もスッキリしなくなるのです。

 

テーブルを断捨離するには、テーブルに置きたくなるものの置き場所をあらかじめ決め、よく使うものは見える位置に片付けます。

  • アクセサリーなど細かいもので日頃よく使うものや、支払いなどに必要な手紙はウォールポケット
  • 新聞紙や雑誌は読まずに溜まるようなら買うのをやめ、読んだら、そのまま捨てやすいようなボックスや紙袋
  • ボールペンなどの筆記用具は筆記用具入れに必要最小限

それぞれ入れて、置き場所からはみ出るものは捨てるか、見えないところへ片付けます。

 

テーブルの上は帰宅したタイミングで毎日断捨離するのがベストです。繰り返し毎日行うことで習慣化することができます

夜寝る前にテーブルの上を片付けて置くと、朝起きたら、綺麗なテーブルを目にすることになります。

整理されている状態の気持ち良さを脳みそにインプットの上の断捨離が習慣化すると、綺麗なテーブルが当たり前と思えるようになります。床の上に置いてある荷物が気になり、床も綺麗に片付けることができるようになります。

 

1週間に1度、冷蔵庫の断捨離

冷蔵庫の中の物は買ったものを入れたり、食べるために出したり、出入りが激しい場所です。

冷蔵庫の中は、扉を閉めると中が見えないですし、特に奥の方に入れて見えない場所にあるものは、買って入れたまま、食べるのを忘れてしまったりしやすいです。

 

しかし、お買い物前に冷蔵庫の断捨離を心がけると、食べるのを忘れて腐らせたり買いすぎたりするのを防いで節約にもなり、カロリーコントロールもできるようになります。毎日お買い物が必要だけど、日頃忙しく毎日断捨離は難しいという場合も、週1度冷蔵庫の断捨離をすると良いでしょう。

冷凍庫は冷凍食品をたくさん詰めたほうが良いと言われますが、冷蔵庫は詰めすぎると冷えづらくなり電気代が余計にかかると言われているので、週末お買い物で7割くらいの食材が入るのを目安に、冷蔵庫の中身をチェックしてから買い物するように心がけましょう。

 

断捨離を習慣化できるようになると

断捨離を習慣化できるようになると、「これは本当に必要な物だろうか?」と考えること自体を習慣化できるようになります。

 

日々片付いた部屋で気持ちよく過ごすことができるだけでなく、やるべきこともシンプルに要領よくこなすことができ、時間にゆとりが生まれます。

余分なお買い物が減るので、お金にもゆとりが生まれることでしょう。時間やお金にゆとりが生まれれば、心にゆとりも生まれます。

 

溜め込み体質を卒業して、ゆとりのある暮らしを手に入れるには、断捨離を習慣化するのが一番と言うことですね♪

 

この記事はいかがでしたか?

-断捨離

© 2020 40代からでも綺麗になる Powered by AFFINGER5